アルゴスのブログをご覧の皆様、こんにちは。 サービススタッフの山名です。

暑い日が続いていますが、お車の調子はいかがでしょうか? 以前と比較して、猛暑によるトラブルはかなり減った感じがあります。 その代わり「タイヤ空気圧警告灯が点灯しました」という問い合わせは、多くなってきました。 路面温度の上昇とタイヤの摩擦熱で、タイヤ内の空気圧が変化してしまい点灯するようです。 点灯した場合は一度目視でタイヤの外観チェックをした後に、異常がなければ警告灯をリセットして下さい。

万国共通で、この警告灯です

リセット後に走行してみて、直ぐ再点灯したらパンクなどで空気が漏れている事になります。 2~3日、点灯しなければ暑くて空気圧が変化しただけという感じで、異常ではありませんので安心して下さい。 「でもやっぱり心配!」という方は、お近くのガソリンスタンド/整備工場/タイヤ屋さんで「パンクしているか点検して下さい」とお願いして下さい。 タイヤが付いていない車はありませんので、「外車だから…」と断られる事は無いと思います。(点検費用はお店によって異なります)

たまにリセット方法を教えて下さいという問い合わせ電話がありますが、これがまた難儀でございます。 メーカー/車種/年式によってリセット方法もバラバラなので、私は調べないとスラスラと言えない(ダメですけどね)悲しきアラフィフです。 取扱説明書やインターネットで調べていただいた方が、分かり易い場合が多いです。

 カレーライスは辛いッ♪

というのも、イラストや画像を見ながらの方が、言葉だけで伝えるより遥かに分かり易いからです。 昔から「百聞は一見にしかず」って言うじゃないですか。 例えばカレーライスの作り方を言葉で説明するより、レシピ本見た方が間違いないという感じでしょうか(余り適切な例えじゃない気もしますが)

でも私の隣の小山(オヤマ)さんならスラスラなので、アセアセの時はスラスラの小山さんまで!