アルゴスのブログをご覧の皆様、こんにちは。 サービススタッフの山名です。

いつも私の話ばかりなので、たまにはサービス工場の様子をお伝えしようと思います。

ご来店された事のあるお客様は御存知かと思いますが、あの恐怖の坂は乾きつつあります。右手に「黄色のNEW ABARTH 595」が入荷しております。そうなんです、今週末はデビューフェアなんですよ!

保護シールが付いたままなので、パッと見は2色塗り分けに見えますが、黄色単色のNEW ABARTH 595です。 何とフロントバンパーのグリルが…良く見ると「ABARTH」のアルファベットになっているんですよ。メーカーの気合っぷりが表れているので、個人的には拍手ものです。 私があと20年若くして購入した時は、黄色のペイントマーカーでチコチコ塗っていた事は間違いないでしょう! そして駐車スペースは新車、試乗車、整備完了の納車待ち、整備待ち、代車でごった返しております。

当然ですが新車、整備車は早くお客様へ納車できるよう、メカニックが頑張っております。いま工場の中はどうなっているかというと、こんな感じです。

入れ替わりで3台のリフトがフル稼働中です。撮影時の状況ですが、手前はM様のシトロエンC5を車検整備中でございます。以前のブログで書かせていただいた私の大好きな「X3」のC5という事で、メカニックの試運転が羨ましい次第ですね。

こちらはN様のアルファロメオ147ツインスパークです。こちらは水温センサーやサーモスタットという部品の不具合で、交換作業中です。気が付けばもう11年目のN様のアルファロメオ147は、デザインがまったく古さを感じさせないです。スチールホイールにクラシカルなデザインの純正ホイールキャップが、また何ともいい雰囲気を出しています。

最後にこちらは、お隣の県からご入庫のK様のプジョー206です。13年目の車検整備ですが、○○万円!という費用をドーンと男気投入で、ガッチリ整備をさせていただいております。今回交換させていただいた中でリアショックアブソーバは完全に死亡(?)していましたので、完了後の乗り心地は必ずご満足いただけると思います。

という事で、某メーカー地区担当者いわく日本一過酷な工場ですがコツコツやっていますので、皆様のご愛顧や応援の程宜しくお願い致します。

 

 

投稿者プロフィール

admin