アルゴスのブログをご覧の皆様、こんにちは。 サービススタッフの山名です。

当社にご来店いただいた事があるお客様ならばイメージしやすいと思いますが、目の前の北上川の上流側に 「材木町」 という場所があります。 この材木町では冬季を除いての土曜日の午後に 「材木町よ市」 というイベントを開催しています。

ムクゲの花、満開です

「よ市」といっても、夜ではなく昼過ぎから始まります。 材木町商店街を歩行者天国にしまして、地元の農産物や材木町商店街のお店の物などを販売したり、飲食店が出品して食べたり飲んだりと、ほんとにノンビリした盛岡らしいイベントです。 私も以前行った事がありますが、観光で来ている人や地元の人との交流が出来たりと、楽しかった事を覚えています。 その際、大先輩と思われるお姉さん方にベンチを譲ったところ、「一緒に座ってよ~ん」 「照れちゃって可愛いゴト!ギャハハハ」 「これ食べれ!」 などと圧倒的なパワーで逆ナンされて色々ご馳走になった事も思い出しました。

ベテランが元気過ぎでした

そういえば、ベアレンビールも出展されていますので、ほろ酔いで当社の前を歩く人もいますね。 そんな人たちを見てしまうとビール大好きな私と小松さんは、奥歯がギリギリと軋むほど噛みしめつつ、羨ましいビームを目から発射してしまいます。 「あぁ美味しそう…」 「私たちは飲めない(当たり前ですが)」 「ズルイ(気がする)」 「天気もいいし(定休日は天気が悪い気がする)」 「仕事終わったら飲んでやる(どうぞご自由に)」 と、改装したプジョーショールームの裏側で、2人で妬んでいます。

土曜日午後にご入庫のお客様は、時間があれば 「材木町よ市」 を楽しんではいかがでしょうか? (当然、お酒を楽しむ方はハンドルキーパーをお共にお願い致します)