アルゴスのブログをご覧の皆様、こんにちは。 サービススタッフの山名です。

突然ですが、皆様は何か自作する趣味をお持ちでしょうか? 最近は裁縫とか棚とかアクセサリーなど、ネットで調べれば何でも作り方を知る事が出来ますね。 市販品でもチョットした飾り付けで、オリジナリティーを出したりする事か出来るので、気軽に楽しんでいる人もいらっしゃるのではないでしょうか?

こんなのもかわいいですね。

そんでもって先日、ご来店いただいたY様が使用していたエコバックが素敵でしたので、おもわず声を掛けました。

私 「素敵なイラストのエコバックですね。面白いと言いますか、とにかくイイですね。」

Y様「いえいえ大した物じゃないです…実は私が書いたんです…」

私 「え~っ!市販品かと思いましたよ!凄いですよ!!」

小松(当社スタッフ)「本当に凄いですよ!」

岡田(当社メカニック&猫大好き)「お~凄い!本当に書いたんですか?うちのネコも書いて欲しいですよ」

Y様「いえいえ本当に大した事ないです」

その場にいたスタッフが絶賛した、Y様のエコバックがこれです! 1・2・3(懐かしい)

 

エコバックならね「ねこばっく」

いや~久々に衝撃を受けました。私は「イヌ派」なのですが、正直欲しいです! 岡田メカニックも何とかY様におねだりして、手に入れたいようです。

「実はこの他にもあるんですよ」とY様が取り出したのは、コレだ! 1・2・3

 

 

 

おでんにアンビリーバボー!

もう画伯と言っていいレベルの出来で、その場にいたスタッフは圧倒されました。Y様の外見からは、まったく想像できないキャラクターが描かれたこのエコバック(ねこバック)、皆様いかがでしょうか? 絶対に怒らないので、自分の顔をモチーフにして、手加減無しに書いて欲しいなと思いました。