アルゴスのブログをご覧の皆様、こんにちは。 サービススタッフの山名です。

私事ですが最近、夜間の降雨時の運転で視界が見づらい感があります。

ここまで酷くないですが

フロントガラスの油膜かな?と思い、油膜取り(営業時間外に)しましたが、あまり改善されませんでした。 単純に視力の低下とも思いましたが、視力は裸眼で「左右1.5」なのであまり関係ないような…

そこでヘッドライトを明るくしようと思いたち、今主流になりつつある「LEDバルブ(H7タイプ)」をインターネットで注文しました。 待つこと数週間、簡易包装でお隣の大陸から届きました。

今はとっても安いんですね

営業時間終了後に、こっそりと交換作業を行いました。 自分の車はプジョー307なのですが、ヘッドライト裏側のフタを開けてビックリ! LOW(ロービーム)バルブが「H1バルブ」でした。 嘘だ! 改めて取扱い説明書を見ましたが、しっかり「LOW H7/HI H1」と記載されていました。

「正直すまなかった!©佐々木健介」と心の中だけで妻に謝りまして、HI(ハイビーム)バルブをLEDにしようとフタを開けたら………今度は隙間が無くて200%物理的に入らない! もう嫌だ!

微かな期待を胸に、バンパーに付いているフォグランプのバルブ規格を調べました……「H11バルブ」です。

「ちっくしょ~っ©小梅太夫」

今回、お隣の大陸から輸入されたこのパーツは、私の愛車とは無縁と確定しました。 使い将来?家族の車を含めて「H7バルブ」の車を買った際には、取付けという事で納得しようとしています。