アルゴスのブログをご覧の皆様、こんにちは。 サービススタッフの山名です。

今回は「ジェネリックパーツについて」のお話です。 「ジェネリック」と聞くと私は、高橋秀樹さんのTV-CMを連想してしまう様に、一般的には「ジェネリック医薬品」のイメージが強い言葉ではないでしょうか?

ド○○薬局のA様、見てますか?

当社で取り扱っています「プジョー」「シトロエン」の消耗部品の一部(ここ重要)にも、「ジェネリックパーツ」というものが設定されています。 医薬品と同じよう「お値打ち価格の部品」という事でございます。 品質もプジョーシトロエングループが認証していますので、安かろう悪かろうという「某大陸のバチモン工場の部品」とは違って安心な部品です。

某大陸のバチモン工場のイメージ

メーカーも売る気満々で「毎月これくらいは、ジェネリックパーツを販売して下さいね」と、目標金額という名の「プレッシャー」を、当社を含めて全国のディーラーにグイグイと掛けてきます。  ならば「安くて安心なら消耗部品は全部ジェネリックパーツにしたら良いんじゃないの?」と、私は思いますが皆様はどうでしょうか?

そんなメーカーは売りたい!私たちも使いたい!「ジェネリックパーツ」ですが…正直いいますと、全車種対応していませんし、日本国内在庫少ないですし、全消耗品を対象にしている訳でも無いんですよ。

ドウイウコトナンダヨー

今のところは「タイミングベルト&ウォーターポンプセット」「スパークプラグ」「ブレーキローター」「ブレーキパッド」という消耗部品の一部がメーカー在庫ありです。 対象になるのは目安として、5~6年以上経過している一部の車両です。 とにかく一部ばっかりで申し訳ないです。

プジョー207とかシトロエンC4(初期型)とか

私は部品も担当していますので毎日部品検索と発注業務をするのですが、「プジョー」「シトロエン」は通常の純正部品の番号とジェネリックパーツの番号が一緒のページに表示されます。 「おぉジェネリックあるねー」とウキウキ気分(BGMはWham!)で在庫確認しますと、画面に「ザイコナシ」とか「ユニュウジッセキナシ」と冷淡な表示が返ってくるのです。

ナンダヨ…モウ

そんな「ジェネリックパーツ」ですが、上手く活用できればお得な事には間違いありません。 「自分の車はジェネリックパーツあるのかな?」と思われたり興味を持たれましたら、お気軽にお早目に問い合わせ下さい。

 

 

投稿者プロフィール

admin